テンブロン

都会の喧騒を離れ、東南アジア最長の橋、スルタン・オマール・アリ・サイフディエン・ブリッジを渡って、ブルネイの緑の宝石、テンブロンを目指しましょう。ここはブルネイの自然の泡であり、手つかずの熱帯雨林や雄大な滝を安全に探索したり、ゆったりと流れる川でくつろいだり、きれいな空気の中で充電したりすることができます。ここでは、人里離れた旅をして、自分の感覚を取り戻すことができます。ウル・テンブロン国立公園は、重要な保護センターであり、木のてっぺんの間に立って、保護された宝物の美しさをサイチョウの視点から見ることができます。ここでの宿泊施設は、グランピング用のテントから大人数用のエコロッジまでさまざまです。テンブロンには、竹の中で火を使って調理したチキンや、淡水産の大海老の麺、スナックなど、テンブロンならではの名物料理があります。

ラノアディダスに聞いてみよう!

ソーシャルブロガーのラノアディダスさんと一緒に、テンブロンを巡るブルネイクな旅に出かけましょう。

ラノアシダスがウル・テンブロン国立公園の熱帯雨林、小川、滝を探検し、オオコウモリに乗って川を渡り、トランディ・ブルネイのロッククライミングの壁を登る様子をご覧ください。また、スンビリン・エコビレッジでは、テンブロンの名物である竹製の鶏肉「マヌク・パンスー」などの地元料理を堪能することができます。

テンブロンについてもっと知る

活動

フォローしてください