ベライト

ベライトはブルネイ最大かつ最西端の地区で、人口の多くは海岸沿いの町、セリアとクアラ・ベライトに集中している。1929年にセリアの町で石油が発見されたことにより、これらの町の景観や人口が形成され、石油・ガス産業で働く外国人のコミュニティが多く存在する。ベライト内陸部には手つかずの大自然があり、魅力的な文化を持つ先住民が住んでいるため、探検や学習には大きな可能性があります。自然の中での活動としては、ラビヒル森林保護区内にあるルアガン・ララック・レクリエーションパークの穏やかな水辺を瞑想しながら散策することができます。また、テラジャやメンダラムのロングハウスでは、イバン族のコミュニティに触れることができます。

クラパックの話を聞いてみよう!

トラベル&ライフスタイル・ブロガーのクラパックさんと一緒に、ベライト周辺のブルネイクな旅をしてみませんか?

クラパックは、ワサイ・テラジャの滝やルアガン・ララックの湖を発見するために、自然の中で冒険をしています。また、ラビのテラジャ・ロングハウスで過ごし、イバン族の文化に触れ、印象的な文化的パフォーマンスやユニークな料理に舌鼓を打つ彼の姿をご覧ください。

ベライトについてもっと知る

活動

フォローしてください