「東洋のベニス」として知られるカンポン・アイールは、高床式の家が立ち並ぶ世界最大の水上集落です。この水上村に住む人々は、非常にフレンドリーで、ドアを開けて喜ばれ、心のこもった家庭料理でもてなされるかもしれません。川を渡るには、1人あたり平均BND1です。手を挙げて水上タクシーを止める必要がありますが、心配しないでください。ボートの運転手は通常近くにいて、お客さんを水路に連れて行く準備ができています。