中国の歴史記録によると、イスラム教は10世紀からブルネイに存在しており、3番目の君主であるスルタンシャリフアリの治世により、ブルネイはイスラム帝国に成長しました。国家の宗教としてのイスラム教と国家統治哲学としてのマレーのイスラム君主制(MIB)の概念により、ブルネイは精神的に、そして人々の物質的な幸福によって栄えました。

オマール・アリ・サイフディエン・モスク

地元の人々に「SOASモスク」として親しまれている、時代を超越した建築作品であるオマール・アリ・サイフディエン・モスクは、首都への訪問に欠かせません。黄金のドーム、ステンドグラスの窓、大理石の柱のモスクの素晴らしさ以上に、他に類を見ない精神的な高揚感を与えます。

ジェイム」「Asr ハッサニル・ バルキア・モスク

このモスクは、カラフルなモザイクの尾と8角の星があり、旅行者にとって必見のスポットです。オマーの「アリサイフディエンモスク」と同じくらい壮大です。現在の君主のシルバージュビリーを記念して建てられ、手入れの行き届いた庭園と噴水に囲まれています。

ブルネイのベストを発見

  • late night eats

夜食

夜中に小腹が空きました? 心配なく! この国の深夜でできることがほとんどないが、ブルネイ人だったら夜中に、仲のいい友達と一緒に美味しい料理を出すレストランでくつろいでい ...

Load More Posts

ブルネイを発見するための
ワンストッププレイス

もっと詳しく知る

@brunei.tourism