毎年、ブルネイは、国の功績や伝統的な娯楽を強調する待望のイベントのサイクルを通過します。そしてその後は、贅沢で伝統的なお祝いで全国的に満たされます。

この国を訪れるのに最適な時期だと考えられているので、ブルネイが元気づけられる毎年の機会のリストを以下に示します。

ブルネイの国内/独立の日

2月23日にブルネイは、1984年に国が初めてイギリスから独立を勝ち取った日を祝います。そして毎年、何千人もの人々が国の首都に集まり社会のあらゆる部門からの調整された行進と大規模なパフォーマンスでこの日に敬意を表します。花火が好きな人は、夜になると華やかな花火が空に舞い上がり、一瞬の締めくくりになります。

スルタン陛下の誕生日

祝賀会の後には、伝統的な踊りや地元の音楽の公演が行われる首都の通りや駐車場に並んでいる2週間の屋外フードバザールがしばしば続きます。通常夕方には静かになる都市にとって、これは見逃せない魅力的な経験です。

ハリ・ラヤ・アイディルフィトリ(日付は毎年異なります)

ハリ・ラヤ・アイディルフィトリは、世界中のイスラム教徒が祝うイスラム教の祝日です。ブルネイでは、1年で最も健康的な休日であり、ほとんどのショップやレストランは1か月間の最初の3日間は休業するため、人々は家族や友人と途切れることなく充実した時間を過ごすことができます。この時期(最初の3日間)に訪れることを検討している場合は、腕、つま先を覆う靴、ヒジャーブ(女性用)を覆うおしゃれな控えめな衣装を用意してください。これは、陛下の壮大な宮殿、イスタナヌルルイマンが一般公開されている数少ない機会の1つであり、王室のメンバーに直接会うことができます。入場するには長い列がありますが、陛下の宮殿がどのように見えるか知りたい場合は、これが入るチャンスです。中に入ると、男性はスルタンを含む王室の男性メンバーに会って挨拶することができます、女性は女王を含む家族の女性メンバーに会います。

収穫祭

収穫祭はドゥサンやムルトコミュニティーのようなブルネイの様々な人種グループが祝う休日です。ドゥサンの伝統では、 この行事はAdau Gayohと記されており、最も豊作だったパディ農家が毎年5月1日に開催し、祝われます。UwodYompok(こま)のような伝統的なゲームや、アンカイヤウとして–稲刈りから作られた伝統的な食べ物や飲み物とともにイベントが行われます。イバニーズ文化では、収穫祭はGawaiと呼ばれ、毎年6月1日に祝われます。この特別な時期に、イバニーズの家族が文化祭を記念して自家製のライスワインの一部を隣人やゲストに提供します。ガワイの終わりの直前に各家族が用意したライスワインを仕上げることができれば、それは縁起の良い兆候とさえ見なされます。たしかに、長く、楽しい夜にはぴったりのレシピですね。

ブルネイのベストを発見

  • late night eats

夜食

夜中に小腹が空きました? 心配なく! この国の深夜でできることがほとんどないが、ブルネイ人だったら夜中に、仲のいい友達と一緒に美味しい料理を出すレストランでくつろいでい ...

Load More Posts

ブルネイを発見するための
ワンストッププレイス

もっと詳しく知る

@brunei.tourism