ブルネイ・ダルサラームは、古代の主権に対する畏敬の念と宗教に対する瞑想的な敬意とともに、魅惑的な習慣と豊かな自然という色鮮やかな風土を誇っています。私たちブルネイの中心で、そのすべてをご体験ください!

ブルネイは、豊富な石油と天然ガスの埋蔵量のおかげで、健全な経済と政治的安定を享受し、人々が快適な生活を楽しんでいます。

1984年にイギリスから独立して以来、ブルネイは前進を続けており、東南アジア諸国連合(ASEAN)、イスラム会議、連邦、国連などの多くの地域および国際組織のメンバーになりました。また、1929年に最初に発見された広大な油田のおかげで、人々は無料のヘルスケア、確立された教育システム、市民に手頃な価格の住宅を提供するための住宅計画など、多くの利点を享受しています。首都には多くのホテルがあり、ショッピングやレジャーのオプションも数多くあります。スポーツ活動もブルネイでは昔から盛んであったため、簡単に参加できるスポーツを見つけることができます。洗練された都会を楽しみながら、ランチを食べる場所を探しに冷房の効いたモールを歩いてから、数時間以内に熱帯雨林の奥深くをトレッキングできるという、これほどの贅沢はありません!

私たちの遺産

初期の歴史によると、ブルネイは新しい居住の地を求めて旅をしていた14人の兄弟のグループによって発見されました。これが今日のブルネイの始まりです。

初期の歴史

兄弟グループが新しく我が家と呼べる地を求めて旅に出たのち、彼らはブルネイ川のとある地域にたどり着きました。丘の脇に面し、水や魚の豊かな供があったので、彼らは現在の首都の近くにあたるその地に定住しました。彼らの一人は、ブルネイの最初のスルタンになり、イスラム教を受け入れたときにスルターン・ムハンマド・シャーの名前を冠したアワン・アラク・ベタータールと名乗りました。

マレーのイスラム君主制

1984年1月1日、ブルネイは新しい国となり、独立を祝福し、君主制によるマレーとイスラム国家としてのアイデンティティを確認しました。マレー語で「メラユ・イスラム・ベラジャ(MIB)」として知られるマレーイスラム君主制の哲学は、ブルネイの文化と信念を簡潔に表し、ブルネイ独特のものにしています。

文化の多様性

ブルネイの人口の大部分はマレー人(65.8%)で構成されており、それから中国人(10.2%)、インド人、先住民(23.9%)がいます。しかし、ブルネイのマレー人に彼らの民族について尋ねると、次の7つの答えのいずれかがかえってくるでしょう:メラユブルネイ、ケダヤン、ドゥスン、ツトン、ブライト、ムルート、ビサヤ(このうち2つは実際にブルネイの2つの地区にちなんで命名されています。これにより、ほとんどの人々がどこに住んでいるかがわかります。)マレー人の人口はこれらの7つの民族グループに分かれており、それぞれの母国語と慣習や伝統により、文化やライフスタイルの異なる側面が特徴となっています。

東方の魅力

ブルネイは、温かみのある礼儀正しさに満ちた緻密で保守的なコミュニティであり、話し方、服装、振舞いの仕方にその人となりが表れています。広大に広がる熱帯雨林に隠された驚異にも満ちています!

文化の宴

首都の景色を眺めながら日本料理、もしくは同じ景色でシンプルな料理「ナシカトク」を食べる気分であっても、ブルネイは多様な文化的な魅力を提供します!ビートルトラックを抜けて、ラビロングハウスで昔からの伝統が今も息づいているベライト地区の田園地帯を歩いたり、トゥトンで文化舞踊を学んだり、手工芸品を作ったりして、ここでの時間の記念品に最適です。

自然の驚異

ブルネイの素晴らしいところは、どこを見渡しても緑で溢れているところです!何世紀もの間にわたってこの土地に植えられている木が空中に舞い上がり、ジャングルの中の小道が道を開けて滝が姿を表します。ブルネイの手付かずのビーチの1つで夕日をつかむチャンスをお見逃しなく。明るい金、ピンク、紫が空を越えて衝突する豪華な光景をお楽しみください。

ブルネイに関する興味深い事実

詳細については、ここをクリックしてください

ブルネイについて

ブルネイの郷土料理は、闘争と苦難の時代に生まれたことをご存知ですか?今日のブルネイについて知っておくべきこと全てと、国の歴史がどのように社会に影響を与えたかをを辿ってみましょう。

「アンブヤット」

ブルネイの郷土料理は、苦難な時代に生まれました。ルンビアの木のサゴで作られた「アンブヤット」は、米と肉が高価すぎる第二次世界大戦中の主食でした。今日では、いくつかのレストランで地元の珍味として提供されており、ソースがサイドについており、「カンダ」と呼ばれる木製の箸で食べます。

「バ」

過剰な感情を表現できるブルネイ語が1つあるとした場合、それは「バ」になります。はい、と言う意味であったり、あいさつ、欲求不満、または辞任する場合など、声のトーンによっていろいろな意味で使用されます。

「バルナ」

新しい家を探しパネイ・ベルバイが率いる兄弟グループによってブルネイが発見されたとき、彼は「バル・ナー!」、「やっと見つかった!」と大声で叫んでいた。それが国の名前の由来です。

首都

地元の人々から愛情を込めて「バンダール」と呼ばれているバンダルスリベガワンは、スルタンの首都であり、オマーアリ・サイフッディーン・モスクやカンポン・エアのようなブルネイ・ムアラ地区の最も有名な観光スポットのいくつかを主催しています。街はブルネイ川沿いにあり、一日中歩き回ってその魅力と素晴らしい歴史を探索することができます。

ダルサラーム」

「ダルサラーム」は、3番目の統治者であるスルタン·シャリフ·アリによって国の名前に追加されました。スルタン·シャリフ·アリは、イスラム原理に従って統治する最初のスルタンとして歴史的に崇拝されました。この用語はアラビア語であり(スルタン·シャリフ·アリと同様に!)、「平和の宿」を意味します。

イスラム教

ブルネイには豊かなイスラムの遺産があり、その慣習は国の公式宗教として人々によって定期的に守られています。この国には、この地域で最も美しく象徴的なモスクがいくつかあり、国の歴史の古代遺物があります。ブルネイとその人々の文化と文明に統合されているイスラムの価値を探求し、理解することに誰でも歓迎しています。

場所と人口

ブルネイの人口は421,300人で、信じられないほどカラフルな文化が混在しています!この国には4つの地区があり、東マレーシアのサバ州とサラワク州の間にあるボルネオ島にあります。また、160kmに及ぶ砂浜の海岸線もあり、どこからでもブルネイの黄金の夕日を眺められる最適な場所です。

言語と文化

バハサ・ムラユ(マレー語)はブルネイの公用語です。ただし、英語はビジネスの言語であり、あらゆるレベルで広く話されています。北京語、中国語の方言、地元のボルネオ語も、人口のさまざまな分野で話されています。ブルネイ人は主にマレー人ですが、中国人、インド人、ブルネイ先住民などの人々がブルネイの文化的構成に加わっています。

ナショナルデー

ブルネイは、2月23日、独立を宣言した特別な場所、首都の中心にあるタマンハジサームダオマールアリサイフッディーンにて国民の日を祝います。また、毎年恒例の国民の日を祝うため街が本当に活気づいているので、ブルネイを訪れるのに最適な時期の1つです。

国家哲学(マレーシアイスラム君主制)

マレーのイスラム君主制(メラユイスラムベラジャ)の哲学は、東南アジアのマレー王国の初期にまで遡る伝統を包含し、多くの人々におけるイスラム宗教の重要性、国家の構造に対するマレーの文化的影響を強調するシステムです。日常生活と政府による(ネガラジキルコンセプトとして知られている)イスラム宗教の重要さ、ブルネイの古代君主制の伝統を受け入れ尊重。

石油とガス

1929年に、石油はベライト地区のセリアで最初に発見され、ブルネイの経済の上昇軌道の始まりを示しました。 1991年に、その最初の油田は10億バレルを生産し、この達成の印として、元の場所の近くに記念碑が建てられました!石油およびガス産業のおかげで、人々は無料のヘルスケアや手頃な価格の住宅システムなどの大きなメリットを受けています。

天候

晴れのち、にわか雨がブルネイの一般的な天気です。晴れた青い空はほとんど毎日の事ですが、最も雨の多い月は10月から1月、5月から7月であることに注意してください。最新の毎日の天気予報はこちらでご覧いただけます。

ブルネイのベストを発見

  • Brunei caves

ブルネイの未発見の洞窟を探索する

首都の中心からカンポンカポック (Kampong Kapok)まで20分。忙しい生活から逃れ、ブルネイの2つの洞窟、グアハリマウ(タイガーケーブ)(Gua Harimau (Tiger Cave))とグアラダット...

  • Soto Haji Tuah - 2 Types

ブルネイ周辺のソト(Soto)ホッピング

Soto –熱々のビーフブロスとスパイスで作られた人気のローカルスープヌードル料理は、世代から世代へと受け継がれる独自のレシピによりブルネイ全体で広く楽しまれています ...

Load More Posts

ブルネイを発見するための
ワンストッププレイス

もっと詳しく知る

@brunei.tourism