快適なフライトを利用、時間をかけて珍しい道のロードトリップ、あるいは、速いボートに乗ってなど、ブルネイは、空、陸、海の経由で簡単にアクセスできます。

フライトでのアクセス

ブルネイに到達する最も簡単な方法は、2018年12月までにアジア、中東、ヨーロッパ、オーストラリアの22カ所に就航する自国の航空会社であるロイヤルブルネイ航空(RB)を利用することです。海口、台北、長沙、東京にも新しいフライトが追加される予定です。RBは、これらのサービスにB787ドリームライナーとエアバスA320neo航空機を使用しています。主要空港であるブルネイ国際空港も、首都から車でわずか15分です。空港への往復の長いドライブについて心配する必要はありません。十分な時間があります。他の多くの航空会社もブルネイ国際空港に就航しています。エアアジアとマレーシア航空は、クアラルンプール(マレーシア)から、シンガポール航空はシンガポールから、セブパシフィック航空はマニラ(フィリピン)から、ラッキーエアは昆明(中国)からブルネイへ就航しています。

陸路で

どこか遠方からではなく?ブルネイへのロードトリップをお考えでしょうか?幸運にも、陸路の旅では、ブルネイ周辺に4ヶ所の入国地があります。まず、最もアクセス可能な入国地は、ブライト地区(Belait District)の国境南西部に位置しています。スンガイトゥジョー管理局(Sungai Tujoh Control Post)といわれる入国地は、サラワク州ミリ市( Sarawak city of Miri)にー最も訪問客が多い我が国の近隣国の1つで、最も隣接しています。他の入国地は、ブルネイームアラ地区(Brunei-Muara District)のクアラ・ルラー管理局(Kuala Lurah Control Post)で、サラワク州北部の国境の町、リンバン(Limbang)ー人気のある他の近隣目的地、から1時間以内の距離にあります。東部から来られる場合は、サバ(Sabah)州からの旅行者も、テンブロング地区(Temburong District)の入国地:ラブとウジョン・ジャラン管理局(the Labu and Ujong Jalan Control Posts)を通してブルネイに到達できます。

海路で

ブルネイには、また、セラサ乗客と車用のフェリーターミナル(the Serasa Passengers and Vehicle Ferry Terminal)があり、サバ(Sabah)州沖合いの東マレーシア連邦領土であるラブアン(Labuan)からの訪問客もしばし見られます。

観光案内所

ブルネイには、3ヶ所の観光案内所があり、お客様のニーズを満たすよう旅の日程プランの手助けをしてくれます。ブルネイインターナショナル空港の正面玄関近く到着ホールに1ヶ所あります!月曜日から木曜日と土曜日の午前9.00から午後6.00まで開いています。2つ目は、首都のデルマガ・ディラジャ(ロイヤルワーフ)Dermaga Diraja (The Royal Wharf)にあり、月曜日から木曜日と土曜日の午前9.00から午後4.30まで開いています。他の案内所は、カンポン・アイール・文化観光ギャラリー(Kampong Ayer Cultural and Tourism Gallery)にあり、月曜日から木曜日と土曜日の午前9.00から午後4.30まで開いています。すべての案内所は、金曜日、日曜日と公休日には閉まっていますので、ご注意ください。

観光案内所

YOUR ONE STOP PLACE TO DISCOVER BRUNEI

Learn More